診療所の承継手続

現在経営している診療所を,新たな経営者に承継するための数多くの手続について,支援します。

行政庁に対する手続のみならず,事業承継契約や財産譲渡契約など,新旧経営者間における各種契約の締結も支援します。

診療所の承継に必要な手続および新旧経営者間で締結する契約関係について完全支援いたします。

•承継計画の段階から手続全般についてコンサルティングを行います。
•都道府県(保健所)や地方厚生局との事前協議からサポートします。
•手続に必要な書類は、すべて手配・作成し,申請・届出を行います。

具体的な代行手続は以下のとおりです。

診療所の承継は,承継内容によって必要な手続が大きく異なります。
医療法人へ承継する場合、医療法人の分院手続きまたは移転手続も必要になります。

以下の手続については,承継方法によっては不要な場合もあります。

新旧契約者が締結する契約

•経営引継契約書
•資産譲渡契約書
•不動産の所有権移転登記申請
•その他必要事項の覚書

定款一部変更認可 (※医療法人に対して承継する場合)
•定款変更認可申請書の作成
•申請・認可書受領

•旧診療所の診療所廃止届の作成・届出
•新診療所の診療所開設届の作成・届出

保険医療機関指定など地方厚生局の手続

•新診療所の保険医療機関指定申請書の作成・申請
•旧診療所の保険医療機関廃止届の作成・届出
•施設基準届の作成・届出

その他、法律に基づく公的支援の指定医療機関の手続

•生活保護法,被爆者援護法,結核予防法,労災保険法などによる指定医療機関の指定申請書および廃止届の作成・届出
•麻薬施用者免許証の変更届の作成・届出

その他、必要な申請・届出を確認して,行います。